今日だけはEDMのEはエモーショナルのEでいいよね – 踊ってたEDMじゃない曲と本当はこの曲で踊りたかったEDM

この記事は投稿されてから1年以上過ぎています。技術情報の場合は最新の情報の検索をしていただき、正しい情報を習得されることをおすすめします。それを承知のかたはどうぞこの記事をお楽しみください。

やぁ(´・ω・`)、昔はコンテンポラリーダンスをやっていたGOUTENだよ。
叶うことならあの頃のキレッキレの体に戻りたいね。不健康だったけど。

※この記事は EDM Advent Calendar 2015 の15日目に掲載するために投稿されました。

僕的にEDMのEはエモーショナルのEだから

大学の頃、舞踊創作してたときに使ってた音源を思い出せる限り晒していくよ
大学でダンスやってる時はなぜか「エモーショナル」って言葉をみんなで連呼していた気がするから、僕の中でEDMは「エモーショナルにダンスできるミュージック」っていう位置づけだ。
「Electric Dance Music」ではないから、本物のEDMを聞きたい人は、記事の最後の方だけ読むといい。

1回生・冬

この時は工事現場の音とか重機音が好きで、そういうのをMIXしてもらった。
ちなみに音源は手元にない。
イメージとしてはFF6の魔導研究所のテーマ

2回生・夏

友達と3人で創作した、
音源はFF5のエクスデスのテーマ
水泳帽を顔の前に、まるで変態仮面のように被って踊って、見えない中よくやったと思う。

3回生・秋

自然音でやってみようということにしたので、そういう曲をMIXしてもらった。
音源は当然のごとくない。
どっちかというとヒーリングミュージック系になったので後悔している。

4回生・春

初めてのソロダンス。onokenさんの「探し物」という曲をつかった。
わざわざonokenさんにメールして許可貰ったのもいい思い出。
ダンス途中で脱ぎだして、筋肉を見せたことにより、今でも仲間内では「マッチョマンがひとりで踊る」というのが伝説になっているとかなっていないとか。

4回生・秋

最初で最後の自分でMixして音源を制作した。
自分は踊っていないが、自分の過去体験と現在の思考を組み合わせ、人の思考にまで入り込むように設計した、師匠である教授を納得させるほど秀逸な作りをしたダンスだった。
元音源を探しているけど見つからないのが残念。

4回生・冬(1)

卒業制作だったのに何使ったか覚えてない(´・ω・`)
アーカイブ見たらわかるけどめんどくさいからパス。

4回生・冬(2)

KOKIA「ありがとう」を使い、自分の生活を体現した上で皆に握手して去るというパフォーマンスをした。
実際のところただの悪ふざけ。

稽古でよく使ってた曲

エミネムよく使ってました。

本当はこういうの使ってみたかった

せっかくEDMのアドベントカレンダーなのにEDM載せないのはもったいないので。いちおうこういうのも使いたかったんだってのも「EDMも交えて」載せておきますね。

明日は「同人でもEDM」をテーマにして紹介していきます。
やっつけですまんな( ˘ω˘)
あとで整理するやで。