フリーランスも会社員も楽しいからフットワーク軽く生きていきたい

この記事は投稿されてから1年以上過ぎています。技術情報の場合は最新の情報の検索をしていただき、正しい情報を習得されることをおすすめします。それを承知のかたはどうぞこの記事をお楽しみください。

リア充爆発しろ!GOUTENです。
兼業フリーランスで時間に謀殺されてるくせにアドベントカレンダーを総計42記事書くことにしたアホです。

今日は「この聖なる夜といわれるクリスマスイブに僕の黒歴史を晒して結果的に良い話に持って行こう」という名目でステキ記事を書こうと思います。

なお、この記事は「フリーランス Advent Calendar 2015」と「会社員 Advent Calendar 2015」の24日目として投稿しています。
もともとそういう予定だったからね。仕方ないね。

アジェンダ

今回は記事が長くなる可能性を考慮して登壇形式で書いていきたいと思います。
アジェンダは以下の9章から成り立っております。

  1. まず、自己紹介を
  2. なぜ僕はWeb業界に足を突っ込んだのか
  3. STEP1 – 最初の就職
  4. STEP2 – フリーランスへ向かっての脱出
  5. STEP3 – 引きこもりへのランクアップ
  6. STEP4 – 会社員とフリーを両立する転換期
  7. フリーランスにしても会社員にしても
  8. 「フリーランス Advent Calendar 2105」からの質問へのAnswer.
  9. さいごに

まず、自己紹介を

初めましての人もそうでない人もメリークルシミマス。

大阪でフロントエンドエンジニアとして会社員とフリーの二足のわらじで活動していますGOUTENと申します。
主に出没するのはWordPressコミュニティでフットワークが軽いのが特長の30代おっさんです。
巷では「スベリ芸人」とか「全裸」とか「土下座」とか言われていますが、だいたい合ってます。
あと、登壇中にひとりコントをやるという伝説を残しました。

日本酒が好きです。
ZARDが大好きです。
羊(僕の中では神格化して「おひつじさま」と呼ぶ)をあいしています
センチメンタルグラフティに命かけてました。

では早速、誰も知りたくないであろう、僕の輝かしくない軌跡を見てみましょう。

なぜ僕はWeb業界に足を突っ込んだのか

最初は、DTPからだった

それは2003年のことでした。
以前からガジェットだとか機械類が好きではいましたが、なかなか購入に至ることができない時代がありました。
このころPCなんてほとんど触れなかったんですよね。
携帯電話は1年に1回買い換えてましたが。

当時大学で舞台を学んでおり、コンテンポラリーダンスをやっていた僕は、スタッフも兼任する文化のなかで「制作班」というのに所属していました。
主に舞台のマネージメントをする役割ですね。

舞台で、しかも小劇場ですので、当然のごとく宣伝をしなければ人は来ません。
宣伝をするにはどうしたらいいか。
僕らは「チラシ(フライヤー)を作って撒く」というアナログな方法をとっていました。
もちろんWEBサイトでの宣伝がなかったわけではないのですが、そんなに重要視されていなかったように思います。

そして、チラシを作らないと行けませんので手書きだったりPCだったりで作るわけです。
きっとチラシを作り始めて、版組が楽しかった頃から「デザイナー」へのあこがれがあったのだと思う。

そのころからネットにどっぷり使ってネトゲ廃人になってしまったこともあったのはまた別の話。

WEBに足を突っ込む

高校の頃、僕は「おとこカンパニー」という同人サークルに所属していまして、僕の友達は同人サークルの会長をしていました。
お互い別々の大学に進学したものの、少しは連絡をとっていて、その友達は大学に入るとまずWEBサイトを作って自分の書いた絵を公開していました。

僕はといえば絵はそんなに書かないですし特に特筆するべきものもなかったのですが、とりあえず新し世界で自分を表現できるということに魅力を感じ、見よう見まね(ソースをコピペしたり)でhtmlタグを少しずつ覚えて自分のサイトを作りました。

最初に使ったレンタルサーバーはfc2で、日記は掲示板を使い(後にlivedoorブログに鞍替えしましたが)、CGIでカウンターを付け、コピペしたJavaScriptでマウスカーソルをカスタマイズするという、今思えば超絶恥ずかしいことこの上ない構成で公開していましたね。

本当に誰も教えてくれなかったし、WEBに至っては聞こうともしなかった

チラシ制作等でDTPをするにあたっては、一応まわりでやる人も多少いたりしたので、それこそちょっと教えてもらったりしたのですが、WEBはそうはいかなかった。
コミュ症だったのもありますし、実際まわりでWEB制作している人なんて見つけることが出来ないものですから、致し方なく独学で学びました。

学んだ方法はたぶん本を買ったり当初そんなに制度の良くなかったGoolge先生に聞いたり、自ら触ってトライ&エラーを繰り返したと思う。
必死過ぎて覚えてないんだけど。

でもサイトが出来た時の達成感は何にも変えられなかったですし、当時僕のまわりにWEB制作をする人があまりいなかったおかげで「ここに自分の居場所があるかもしれない」と思い始めたのです。

あと、全部自分でできたらかっこいいじゃん?

舞台と、WEBと、創造すること

ものづくりは何でも過程も結果も似ていると思っていまして、舞台制作とWEB制作が似ているなと感じ始めました。

今思えば無理矢理な感じがするのですが、「試行錯誤を繰り返してなにかの解決や表現をし、達成感を得る」というプロセスは何にでも通づると思うようになりました。

一度大学をドロップアウトして、その1年後に復学したときにそれを思いはじめ、そのころから本気の独学をしました。
専門学校にも行きたかったのですが、お金がなかったのと、ずっと独学をしてきて「今さら専門学校に行くなんて…」という思いから、ついに専門学校に行くことはありませんでした。

STEP1 – 最初の就職

最初は、就職する気なんてなかったんです。
好きな舞台を続けながらWEBでなんとなく食べれたらいいなと思っていたのですが、そんなときに人生の転機が訪れます。

そう「結婚」です。

結婚をするために生まれて始めて就職活動をしましたね。
めんどくさくて3社目で決めちゃったんですけど。

就職したのは今は「人をダメにするクッション」を輸入販売する企業。
昔は(たぶん今も)アフィリエイトASPの事業をしている会社でした。

「WEBに関われてとりあえずお金もらえればいい」という考えで就職しましたので、当初あまり思い入れはなかったはずです。
面接で「五年後どうなりたいか」という質問に「WEBサイト制作で独立してます」と言ったのを今でも覚えています。
あと、一次面接で「最後に何か言っておきたいことはありますか?」という質問をされ「いいからもう雇ってくださいよ」と返したのを覚えています。
心底僕はどうでもいい感じで言ったのですが、逆にそれが良かったらしいです。

最初は「お金貰えれば…」という思いだけでしたが、基本的な社会マナーや人脈作りや組織で動くことの基盤を教えてもらえたので、とても良い経験になったと思います。

STEP2 – フリーランスへ向かっての脱出

はじめてのWordCamp

2011年の8月のことでした。
会社の上司だったか同僚だったかに「なんかすごい勢いでWordPressのイベントの参加人数が増えてるらしいぞ」という情報を聞きつけました。

そのころ僕は数少ない知識で、やっぱり独学でWordPressでブログを運営していまして(このブログですね)、友人と一緒に「とりあえずどんなものか見てみよう、としてあわよくば誰かいざというときに聞ける人を捕まえよう」という思いで参加しました。

それがWordCamp Kobe 2011ですね。

このときちょうど懇親会のキャンセルが出たので申し込んでなかった僕らがその話を聞いてすぐに「参加したいんですけど」と懇親会への参加表明をして、あのピンクの人に出会ったのがコミュニティに入るフラグだったんだと思います。

WordPressのコミュニティ活動と独立願望

その後WordBench大阪を再立ち上げしてから毎月参加し、なぜか登壇したり、WordCamp Osaka 2012の実行委員をしたりして、いろんなWordPress界隈の人と関わって行く中で、一度は封印していた「独立したい」という願望が蘇ってきました。

そして2013年2月のある日、「このタイミングだな」とふと思って、会社を辞めることを決意・報告、そのまま2013年の4月からフリーランスとして独立したのです。

客観的に見ると完全に勢いですね。
この頃はフリーランスになるとどうなるだとか一切考えてなかった気がします。
それっぽいことを嫁にはまくし立てた記憶がありますが。

STEP3 – 引きこもりへのランクアップ

自由を履き違える

それからしばらくはフリーランスを満喫していたわけですが、ある日事件は起こりました。
具体的には言いませんが仕事でやらかしました。

調子に乗っていたんですね。

必死に謝り倒し、もうこの世界で生きていけないと勝手に思い込み、ほとぼりが覚めるまで雲隠れしようとSNS断ちをしました。
その裏ではほそぼそとは仕事を続けていたのですが、悪いことには悪いことが重なるもので、うまいこと仕事をまわすことが困難になっていきました。

フリーランスはフリーダムでないと気づいたのはその時です。

そして引きこもりへ

1年くらい、ほとんど外にでない生活をしていたと思います。
外に出ないけどストレスだけは貯まるものですからブクブクふとりますよね。
こうしてフリーランスという名のヒキニートが着々と完成していったというわけです。
とても残念ですね。

STEP4 – 会社員とフリーを両立する転換期

「このままではまずい」と自覚して

いよいよ今の生活がダメだと思った僕は、当時外注で入っていた企業が社員を募集していたのでそこに入れるかどうかを交渉。
これが今所属している会社「クックビズ」です。

お友達紹介みたいな形で契約社員として迎えてもらい、今では正社員として続けているのですが、フリーランスでの活動は形態を変えながらも続けています。

開発自体は楽しいですし、組織でやることも、考えることもとても楽しいです。
コミュニケーションをとることで僕の心はどんどん溶けていったように思います。

ある意味、ここが転換期だったのだなと思いますね。
そこからの活動はこのブログの過去記事でも見てください。

会社に所属している時のほうがフットワークが軽くなった

フリーランスオンリーだった時期は本当に外界との接触をほとんど断っていたので出歩かなかったわけですが、会社に所属してからはフットワーク軽く動くようになりました。
会社員がよほど自分に合っているのか、それともお金が安定して入る心の余裕なのかはわかりません。

2015年1月くらいから勝手に「リハビリ」と称していろんなイベントに参加したり関わったりしたからなんですけど、特に8月あたりからその傾向は強くなったように思います。
LTもしまくったので、露出も多かった。
この頃から「LTスベリ芸人」が定着していったんですが、俺のせいじゃない。絶対にだ。

来年もきっと露出が激しい年になると思います。。

フリーランスにしても会社員にしても

人と人との対話が大事

コミュニケーション能力が高いほうがいいなんてことは言いません。
社内外、家庭内外でコミュニケーションを取ろうとする姿勢は、きっと自分にいい効果をもたらします。

仕事は人と人との対話で成り立ちます。
たとえやっている仕事がPCの前でグラフを見つめるだけであったり、ただせこせこと制作作業をするだけであっても、それを使ったり関わったり影響を与えたりするのはやはり人なのです。

コミュニケーションを取ること、大事だと思います。

自分を卑下しないこと

自分にできることは、人にできるかもしれません。
逆に言えば人ができることは自分にも出来る。
つまり自分のポテンシャルはまだ秘められていると考えてはどうでしょう?

意外とやらかしても社会復帰できますし、人はそこまで人のことを気にしないですし、失敗しても挽回すればいいんです。
自分をもっとほめてあげると、もっといろんなことができるようになるきっかけを見つけれるんじゃないかなと思います。

常に学ぼうとすること

WEBの世界は特に技術進歩の速度が早いです。
正直僕もあんまりついていけないんですが、それでも追いかけていっています。

わからないということがわかるだけでもいいんです。
自ら学ぶ姿勢をとり、インプット・アウトプットをすることで自分の世界は広がります。
実践してることなので、本当です。

「フリーランス Advent Calendar 2105」からの質問へのAnswer.

せっかくなので「フリーランス Advent Calendar 2015」の質問に答えます。

机やイスにこだわりありますか?

こだわりはないのですが、一時期首から腰にかけて強烈な痛みがあって座れなくなったことがあったので、お金がないなかでIKEAのワークチェアをかいました。

MALKOLM 回転チェア

2万円くらいしたと思ってたら1万円切ってました。
どんだけ貧乏症やねん俺。

これがないと!というお気に入りツール・環境はありますか?

MacとiPhoneないとたぶん死にます。
ツールは特にこだわってないですが、Adobe製品は絶対に使うのでAdobe CCはとりあえず手放せないです。
それから、開発にPhpStormをメインIDEにしているので、これも手放せないですね。

あとは、WordPressはコミュニティで活動してますし、WEBにどっぷり浸かった犯人なので、WordPressは絶対です。

5年前、5年後のじぶんはどう思いますか?

実のところ、そこまで考えていません。
来年どうするかというのくらいは考えていますが、あとは舞台とかWEBの世界にいつかしっかり還元したいと思っているくらいですね。

「フリーランスになりたい」と相談されることありますか?また答えは?

たまにあります。話を聞いてただのあこがれとかであれば絶対にやめとけって言います。
目的があって、自分のプランがあるのであれば、好きにしたらいいと思います。

フリーランスやめたくなることありますか?

そもそも仕事しなくていいならしたくない( ˘ω˘)

気分転換やストレス解消にしていることありますか?

妄想シュミレーションストレス発散法という独自のストレス発散法を実践しています。

具体的に言うと、想像で自分が嫌だと思っている人や喧嘩したりする人の会話パターンを想像して論破します。
妄想で言い合うことでいつの間にか優越感を持つことが出来、そのあとどうでも良くなる手法です。
素人にはおすすめしません。

さいごに

今後も面白いことにはどんどん首突っ込もうと思っています。
僕もいろんな人に関わっていくとは思いますが、みなさんも僕にどんどん提案したり、SNSで絡んだり煽ったりしてください。

来年もスベるぞ(๑•̀ㅂ•́)و✧

あと、今日も仕事の後に帰って御飯作ったりする生活だし、とりあえず叫んどくわ。

リア充爆発しろ!