「デザイン重視で構築するWordPressサイトのすゝめ 〜俺たちのやりたいことがWordPressでできないわけがない〜」のスライドを晒すよ

この記事は投稿されてから1年以上過ぎています。技術情報の場合は最新の情報の検索をしていただき、正しい情報を習得されることをおすすめします。それを承知のかたはどうぞこの記事をお楽しみください。

これを書いている時点でもう10日以上前の事になるわけで。
2012年11月3日にWordCamp Osaka 2012が開催され、僕は実行委員として、またスピーカーとして参加させていただきました。

イベント自体の感想やら反省やらは別記事で書くとして、この記事では僕が担当したセッションの一つである「デザイン重視で構築するWordPressサイトのすゝめ 〜俺たちのやりたいことがWordPressでできないわけがない〜」のスライド公開をしていますので、その掲載と補足をしていきます。

もくじ

ガイアが俺のスライドにもっと輝けと囁いている

セーフ版ですよセーフ版!

見た通り、イベント当日に披露したスライドとは若干違うものです。
当日はココで言うには危ないネタがあったのをちまちますり替えたり、デモで動かしてた部分があったのをスライドに落とし込んだりと、意外と作業大変だったのですが、その甲斐あって素敵なスライドになったと思います。

後日当日の動画も公開される予定ですので合わせて見てもいいかもですね。
ぶっちゃけ動画見なくてもこの記事だけでわかる仕様ですが、ご来場された方で僕のセッションに参加したひとは当日のスライドとアップしたスライドがどう違うかニヤニヤしながらみたらいいんじゃないかな。

[ もくじへ戻る ]

補足事項

スライドの90枚目において補足があります。

まがりん(@jim0912)さんから後で教えてもらったのですが、条件分岐の中で

if ( $value = get_post_meta( $post->ID, ‘キーの名前’, true ) ) :

みたいにすると、条件分岐の中で $value をそのまま使えるので、お得だよ!とのこと。

書き方としては以下のようなものがあるそうです。

$valueを使わないもの

<?php
if ( get_post_meta( $post->ID, 'キー', true ) ) :
echo esc_html( get_post_meta( $post->ID, 'キー', true ) );
endif;
?>

$valueを使うもの

<?php
$value = get_post_meta( $post->ID, 'キー', true );
if ( $value ) :
echo esc_html( $value );
endif;
?>
<?php
if ( $value = get_post_meta( $post->ID, 'キー', true ) ) :
echo esc_html( $value );
endif;
?>

やってることはどれも一緒なんですが、$value(任意の文字列)として定義してあげると、条件の中で再定義する必要がないので確かにお得そうです。

[ もくじへ戻る ]

見えにくかったコード晒すよ!

小さかったり一瞬しか見せれなくて見逃した人のためにコード晒しておきます。
他の部分で要望あったらコメントかSNS(Twitter/Facebook)で書いてね。

スライド48〜50枚目

function custom_post_type_eventinfo() {
	$labels = array(
		'name' => _x('イベント情報', 'post type general name'),
		'singular_name' => _x('イベント情報一覧', 'post type singular name'),
		'add_new' => _x('新規追加', 'book'),
		'add_new_item' => __('新規項目追加'),
		'edit_item' => __('編集'),
		'new_item' => __('項目編集'),
		'view_item' => __('項目をプレビュー'),
		'search_items' => __('項目を検索'),
		'not_found' => __('項目はありません'),
		'not_found_in_trash' => __('ゴミ箱に項目はありません'),
		'parent_item_colon' => ''
	);
	$args = array(
		'labels' => $labels,
		'public' => true, 'publicly_queryable' => true, 'show_ui' => true,
		'query_var' => true,
		'rewrite' => true,
		'has_archive' => true, 'capability_type' => 'post', 'hierarchical' => false, 'menu_position' => 4,
		'supports' => array('title','editor')
	);
	register_post_type('eventinfo',$args);
}
add_action('init', 'custom_post_type_eventinfo');

スライド122枚目

function remove_stats_action_hooks() {
	if ( is_page('login') ) {
		remove_action( 'wp_footer', 'stats_footer', 101 );
		remove_action( 'wp_head', 'stats_add_shutdown_action' );
	}
}
add_action( 'template_redirect', 'remove_stats_action_hooks', 9999 );

[ もくじへ戻る ]

特にまとめる気がない

スライド公開に際して

この「デザイン重視で構築するWordPressサイトのすゝめ 〜俺たちのやりたいことがWordPressでできないわけがない〜」のスライドを公開するにあたり、WordBench大阪で発表したスライドの焼き直したものをぶち込みました。
内容がかぶっている上に、著作権的に危うい画像もありましたので、今回のスライドアップを機に削除いたしました。ご了承くださいませ。

セッションに関して

僕のセッションは分かっている人からしたら「なんやねんレベル低いな」とおもわれたことだろうと思います。
実際内容薄かったですし、多くに人が来るということでどこまで浅く広くするかを目標にしたのが、内容の薄い原因だったように思います。
それでも導入には十分だったのじゃないかと思っていますし、特に後悔もしていません。

あともし「ここ間違ってるよ」とかいうことがありましたら、コメント欄かSNS(Twitter/Facebook)で言っていただければ。

それでは、素敵なWordPressライフを!(←1度言ってみたかった)

[ もくじへ戻る ]