Get U’re Dream -ZARD Advent Calendar 2015 7日目-

この記事は投稿されてから1年以上過ぎています。技術情報の場合は最新の情報の検索をしていただき、正しい情報を習得されることをおすすめします。それを承知のかたはどうぞこの記事をお楽しみください。

Get U’re Dream
作詞:坂井泉水/作曲:大野愛果/編曲:葉山たけし

32thシングルで、NHKのシドニーオリンピックテーマソング。

聞きましょう、貴重なメッセージがあります

今回もDailymotionからです。
冒頭に坂井泉水さんのメッセージが入っています。
ビデオメッセージの放映当日、メッセージビデオとは言え出演するという情報を直前に知って、正座で待機していた覚えがあります。
TVに出ることの少ない人ですので、メッセージビデオとはいえPV以外で動くお姿を見れるのは貴重でした。
この前年のクルージングライブの抽選漏れも経験していたので、喜びはひとしおでした。

なぜか口ずさんでしまう

この曲が特別好きだ!っていうわけではないのですが、ふとした時に何故か頭に浮かんでしまいます。
全体的にZARDにしてはアップテンポで明るめの局長なのが逆に印象的でした。

2000年のオリンピックは、この曲聞くためだけにNHKにかじりついてたので、その影響もありそうです。
オリンピック始まる前にCDは発売してたんで持ってはいたんですけど、なんとなくTVで聞くことで「全国の人が確実に聞いている」という時間を共有したかったのかもしれません。当時は。

今でもたまーにお風呂入っている時とかに口ずさんでしまうこともあるくらい強く残ってるんですねえ、不思議。

歌詞が体験に同期する

ひさかたぶりのガチの応援ソングなので(オリンピックテーマなので当然といえば当然なのですが)、「遠くからでも応援してるよ」「見えないところでも声が励みになるよ」という感じです。
でも、この5年後くらいかな、歌詞の一部ですごく共感できるというか、「なんかわかるなあ」という部分がでてきました。

寂しい夜 いくつ君と 越えただろう
見知らぬ街
夜遅くまで話し込んでは 送ってくれたね

2003年から2006年くらいまではよく一緒につるんでいる友人がいました。
その友人とは深夜に突然、自転車で石切までいったり藤井寺まで行ったり(僕は東大阪住まいです)して、特に悩んでるとかそういうことはなかったんですけど、純粋に一緒の時間を共有するのが心地よかった感じがします。

何も考えず、ただがむしゃらだったあの日々は懐かしい…。

ちなみにその人、男性ですけど僕ら┌(┌^o^)┐ホモォ…じゃないんで勘違いしないでくださいね。

次回予告

次回はファンの間では有名だけど、隠れた名曲扱いされている「愛を信じていたい」をピックアップします。

この投稿は ZARD Advent Calendar 2015 の7日目の記事です。