少女の頃に戻ったみたいに -ZARD Advent Calendar 2015 9日目-

この記事は投稿されてから1年以上過ぎています。技術情報の場合は最新の情報の検索をしていただき、正しい情報を習得されることをおすすめします。それを承知のかたはどうぞこの記事をお楽しみください。

少女の頃に戻ったみたいに
作詞:坂井泉水/作曲:大野愛果/編曲:池田大介

25thシングル「運命のルーレット廻して」のC/Wであり、映画「名探偵コナン 14番目の標的」の主題歌としてタイアップされた曲。

まあ、聞いていけよ

言わずもがなの傑作ですね。
なんでこれメインシングルで出さなかったんだろう…。

盛大な勘違いをしていたあの頃

実は僕、この曲は女性が、かつて少女の頃に出征した大好きな父を想う歌だと思ってたんですよ。
なぜかというと、歌詞の中で「そんな暖かい手をいつも待っていた」という部分があるのですが、それが「そんな戦いでもいつも待っていて」に聞こえてたんですよ。

人間の思い込みってなかなか覆らないもので、全体の歌詞を聞いていたらそうじゃないって分かりそうなものなんですけど、初めて聞いてからの数年間、ずっと勘違いしたまま聞いていました。

勘違いしてても、この曲すごいなって思えるのは、メロディーラインが想像を豊かにさせる力を持ってるからだと思います。

切ない歌詞と心地よいメロディー

勘違いから覚めてあらためてきいて、やっぱり歌詞が切ないです。
メロディーもとても心地よく美しいです。
最初のピアノ部分からだんだんと音が重なっていき、サビの盛り上がりで重厚かつなめらかなメロディーを奏で、それでいて歌詞とマッチする雰囲気がいいです。

何度聞いても飽きず心に残る曲はそうないと思います。

次回予告

次回は『月桂冠「月」』のCMで聞いてビビッときた曲「もっと近くで君の横顔見ていたい」をピックアップします。

この投稿は ZARD Advent Calendar 2015 9日目の記事です。