竹尾の大阪見本帖に行ってきました

この記事は投稿されてから1年以上過ぎています。技術情報の場合は最新の情報の検索をしていただき、正しい情報を習得されることをおすすめします。それを承知のかたはどうぞこの記事をお楽しみください。

4月から一応独立する予定なんですけど、名刺刷新しなくちゃいけなくて…でもせっかくだし紙までこだわりたい。
紙といえば竹尾!ということで、先日のことですが、家から自転車で5分くらいの距離にある株式会社竹尾の大阪見本帖に行って、名刺用紙として使ってみたい紙を見繕ってきました

4月から一応独立する予定なんですけど、名刺刷新しなくちゃいけなくて…でもせっかくだし紙までこだわりたい。
紙といえば竹尾!ということで、先日のことですが、家から自転車で5分くらいの距離にある株式会社竹尾の大阪見本帖に行って、名刺用紙として使ってみたい紙を見繕ってきました。

ショールームのレビューを期待した人、m9(^Д^)プギャーごめんなさい。

…けど、何か質問ある?

竹尾潜入編

株式会社竹尾は(たぶん)日本を代表する紙の専門商社です。
2013年3月現在、約9000種の紙を取り扱っています。

株式会社 竹尾 / TAKEO:a leading paper distributor

大阪支店は大阪府東大阪市にあり、支店としては一番古い営業所です。

俺が、俺たちが、TAKEOだ!!

大きな地図で見る

入って階段を上がった2階にショールームがあります。
ショールームとは言っても少しの印刷物・パッケージの見本とミニサンプルがおいてある小規模なものすが、内線で中の人を呼んで紙の説明をしてもらったり、触ってみてこれだと思ったら1枚単位で購入することも可能です。

水のサーバーあったのに飲んでくるの忘れた\(^o^)/

今日行ったときはそんなに展示がありませんでしたが、有名どころの商品パッケージがおいてあったりするので見ていて楽しいです。

実は学生の頃に一度行ったことがあるのですが、その時は誰ともしゃべることなくミニサンプルを少し見ただけでしたので、じっくり見るのは実質初めてかもしれません。

名刺用紙総選挙編

今回は名刺で使いたいと思えるような紙を探しに行ったので、主に手触りや厚みを重視して、気になる紙をピックアップしてみました。
写真で質感がわかりにくいのが難点。

桃はだ

両面だったら間違いなくこれを選んでいただろう。しかし、僕はこのあとあんな悲劇が起こるだなんて予想だにしていなかったんだ

カラー ホワイト/ナチュラル/シルバー
連量 96kg(237kg)/145kg(357kg)/163kg(96kg)

※連量は500×700mmの場合。()内は四六判相当に換算しています。

スウェードのような手触りをフロッキー加工で実現している紙です。
手触りは抜群によく、名刺にするなら163kgのホワイトが一番印象的なものになるかもしれません。

ただ、フロッキー加工されているのは片面のみなので、両面で作ろうとする場合は注意が必要だと思いました。
両面フロッキー加工した紙も出して欲しいです。

桃はだ >> 商品銘柄詳細|約9,000種の紙が買える竹尾のウェブストアtakeopaper.com

プライク

傾斜があるところでも滑らない程度のヌメヌメ感

カラー ホワイト/アイボリー/ブラック/レッド/ネイビー/ブラウン
連量 103kg(120kg)/243kg(284kg)

※連量は500×700mmの場合。()内は四六判相当に換算しています。

プラスチックと紙の中間の用な感じで、少しヌメっとした質感が特徴「プラスチックライク」の略称が付けられた紙。
紙自体に色が付いているので、断裁面も表面と同じ色になっています。

箔押しや特殊インクとの相性が良いと思います。
名刺に使える連量は243kg一択ですね。

最初は「名刺作るならプライクに銀と黒の箔押し」と決め打ちしていたのですが、実際に触ってみると思っていたのとは違う質感だったので考えなおして見ることにしました。

もしかすると、時間が経つにつれて独特のヌメっとした感じが少なくなるのかもしれません。

プライク >> 商品銘柄詳細|約9,000種の紙が買える竹尾のウェブストアtakeopaper.com

羊毛紙

(゚∀゚)o彡゜ヒツジ!ヒツジ!

連量 110kg/190kg/250kg

関係ないけど、ほら僕、羊好きだし。

羊毛を配合した、ザラッとした質感が特徴の紙です。
オフセット印刷には不向きですが、羊毛ならなんとなく活版印刷で仕上げたい気もします。
名刺に使そうのは190kg以上のものになるでしょうか。

羊毛紙 >> 商品銘柄詳細|約9,000種の紙が買える竹尾のウェブストアtakeopaper.com

かさねSS

本当は紙の奥に印刷されているような見た目なのだが、どう見てもわからん

カラー ホワイト/グレー/ブラック/クリーム/キャメル/マスタード/アンバーレッド/ブラウン/ボルドー/ダークブルー/ダークグリーン
連量 215kg/260kg/300kg

「かさね」は表と裏で違う質感を持つ紙で、特にSSは手触りが一番好きでした。
※他にもPR/KS/KJ/SM/MO/PM/SD/MG等豊富な種類があります。

印刷時に少しだけ色が溶けたような風合いが出るように見えます。
両面でないのが非常に残念です。

ただインクジェットでももしかしたらいけるかもしれないということなので、
後日買ってみて自分で断裁して印刷をしてみようかなと画策中です。

かさねSS >> 商品銘柄詳細|約9,000種の紙が買える竹尾のウェブストアtakeopaper.com

GAボード-FS

※このコメントは削除されかけました

カラー ホワイト/グレー/ブラック/クリーム/キャメル/マスタード/アンバーレッド/ブラウン/ボルドー/ダークブルー/ダークグリーン
連量 215kg/260kg/300kg

質感としてはプライクよりはヌメりが少ないものの、厚みがあり、紙自体に色が付いているので断裁面も表面と同じ色になっているのが特徴の紙です。

どの厚みのものも問題なく名刺にできそうです。
色のバリエーションが多いので、複数パターンを作ると渡すときに面白いかもしれません。

余談ですが、似たようなものでGAファイルという紙があるのですが、「板かよ!」というくらい厚くてびっくりしました。

GAボード-FS >> 商品銘柄詳細|約9,000種の紙が買える竹尾のウェブストアtakeopaper.com

天使の贈りもの編

ショールームでミニサンプルを見ていると、ちょうどペーパーアドバイザーの人が「ちょうど新しい見本帳が出来たんですよ」と言って、持ってきて見せてくれました。

応対してくれたペーパーアドバイザーのお姉さまマジ天使。

気泡紙

左から右へ禿げていく切ないイメージ

種類 気泡紙U-FS/気泡紙C-FS
カラー 気泡紙:ディープラフ/ミディアムラフ/ライトラフ
連量 L版:215.5kg/255kg/295kg
K版:147.5kg/175.5kg/201.5kg

Cはコート、Uはアンコート。

白の気泡紙はツルツルの手触りのものからザラザラしたものまで取り揃っており、紙本来の質感が心地良いです。
どの連量でも名刺にして耐えうる厚みとなっています。

コートされているものはUV印刷専用だそうですが、厚みもあるし、そんなにお値段もしないのでお勧めだそうです。

気泡紙 >> 商品銘柄詳細|約9,000種の紙が買える竹尾のウェブストアtakeopaper.com

黒気泡紙

種類 黒気泡紙U/黒気泡紙C
連量 215.5kg/255kg/295kg

これも紙自体に色がついているので、断裁面も表面と同じ色になっています。
黒気泡紙は2013年の新作だそうで、Webサイトにもトピックスとして掲載されていました。

背景は299円のキッチンクロスなんだ。これ豆な。

黒気泡紙 >> 商品銘柄詳細|約9,000種の紙が買える竹尾のウェブストアtakeopaper.com

サンプルを我が手に編

今回は触りに来ただけだったのですが、やはり手元においてじっくり比較したいと思い、天使のお姉さまに言ってミニサンプルを購入しました。
竹尾が取り扱う紙のほぼ全てを網羅した段ボール棚つきのが欲しいところだったのですが、セットは販売を見合わせているということと、僕の予算の都合もあったので、必要な分だけのミニサンプルを購入しました。

竹尾、それは浪漫

手元にあるとやっぱいいですね。
置いているとちょっとだけ「デザイナーです(キリッ」と言えるようになれた気がします。

見本帳や紙の発注はウェブストアでもできるのですが、やはり作っているところから直接話し聞いたり相談したりしたほうが、その紙に対する正しい知識を知った上で愛着を持てるのではないでしょうか。

そういう意味では、今回の訪問はとても有意義なものだったと思います。
また今度行って話を聞いてこよう((((((((((っ・ω・)っブーン

約9,000種の紙が買える竹尾のウェブストアtakeopaper.com

ちなみに、名刺用紙は結局決められなかったのでした。
たぶん羊毛紙かプライクか、取り扱ってれば気泡紙/黒気泡紙になりそうな予感。

冒険の仲間を求めて編

さて、せっかく紙を選んでも印刷をしないとどうしようもないわけで。
独立後は印刷物の発注も多くなるので、僕と仲良くしてくれる(提携してくれる)印刷屋さんを募集しています。

せっかく竹尾に行ってきたことですし、竹尾の紙を扱っていて(または持ち込みOKで)、いろんな加工をしてくれるところがいいなあ…。
舞台関連のフライヤーとかグッズとかも作るから、なるべく安くしてくれるところがいいなあ…。
(ただし関西圏に限る/印刷見本を見たいし、頻繁に通いたいため)

当面はUV×Designさんに頼むことになりそうな予感ですが「うち使ってください!」とか「ここがいいよ!」とかいうのがあれば、この記事のコメント欄とかTwitterのリプライとかFacebookのメッセージでとかで教えてくださいお願いします。