GOUTEN.NET

デザイナー・GOUTENの生態を観察するブログ

振り返ればWordCamp Osaka 2012で実行委員をしたり登壇していた

この記事は投稿されてから1年以上過ぎています。技術情報の場合は最新の情報の検索をしていただき、正しい情報を習得されることをおすすめします。それ以外の場合はどうぞこの記事をお楽しみください。

2012年11月3日、WordCamp Osaka 2012が開催されました。
今回、僕はWordCamp Osaka 2012で実行員デザインチームの一員として、またスピーカーとして登壇もしました。

WordCampが終わってもう1週間以上経つのですが、ブログ書くまでがWordCampってばあちゃんが言ってたのをついさっき思い出したので、ここに書きなぐっておきます。
僕のWordCampはまだ終わってなかったンゴwwwwww

まさかコレを書き終えた時点でもう終わってから18日も経っていただなんて\(^o^)/

もくじ

「デフォルトテーマが企業サイトに?!忙しい人のためのライブカスタマイズ」に関して

僕が関わったセッションのひとつが朝イチのセッション「デフォルトテーマが企業サイトに?!忙しい人のためのライブカスタマイズ」というものでした。

最初「ライブコーディング」としてタイトルを出していたのですが、やる内容がコーディングというよりカスタマイズに近かったため「ライブカスタマイズ」と名称変更させていただきました。
40分のコーディングって結構無理がありますよね^^;

当日の変更点として、村田篤志(@muracchi_n_n_)くんがコーディングをガリガリやって、僕が解説…のはずだったのですが、実際は僕が補足のオペレーションのみ行い、村田くんは説明をしながらカスタマイズしていくという方針ですすめました。
というのもリハーサルをやった時点で、そういうふうにしたほうがいいと感じたからなのですが、実際にリハーサルでのグダグダ感もなく、スムーズに進んだと思います。
40分という制限があったため、最後のほうは間に合うかヒヤヒヤしたのですが…収まってよかったです。

( ˘⊖˘)。o(あれ…俺、イラナクネ?)

あまりにも僕の喋る隙がないので、始まるまでの20分くらい村田くんと2人でフリートークさせていただきました。
これで村田くんの仕事が見つかれば本当の大成功です。

[ 目次へ戻る ]

「デザイン重視で構築するWordPressサイトのすゝめ 〜俺たちのやりたいことがWordPressでできないわけがない〜」に関して

補足部分に関してはスライド晒しの記事にて公開しています。

ネタ画像使いまくりのあざといセッションだったので、あとから「内容が薄い」という声も聞きました。
確かに、広く浅くというポリシーで登壇したので、浅い部分が多々見られたことだと思います。

今回の「めっちゃ気になるWordPress」というサブタイトルにあるようなコンセプトで、僕としてはWordPressを知りたての人がもっと興味を持ってくれるようになればいいと思い、どんな形でもいいので「WordPressを使っている人がこんなに楽しそう」感を出そうとした結果です。

僕はせっかく足を運んでもらった人たちにそこでしか味わえないライブ感というのを感じて欲しかったのです。
これまでも、これからもそういうスタンスは崩さないと思います。

実際登壇した時にはトラブルもありまして、副ディスプレイの調整がうまくいかず少し開始時間を押してしまったので、結構急ぎ足で喋らさせていただきました。
最後はもう間に合わないけどやっちゃえ!と思っておまけ部分を超速で説明したら、実は5分ほど巻いてしまっていたという始末。

それでも少し内容が手広すぎたかなという反省もありますので、もし次回登壇するようなことがあれば、もっと焦点を絞ったお話をしていきたいです。

[ 目次へ戻る ]

「登壇者と話そう」に関して

Webライダーの松尾さん(@seokyoto)やらプライム・ストラテジーのまがりん(@jim0912)さんの人気が絶大すぎて、僕とにしたくさん(@takuma)は完全に置いてきぼりです本当にありが(ry

見かねて来てくれたお二人様と0分をほぼサシで話すという脅威の待遇で、ある意味濃密なお話ができたように思います。
最終的にWordPressの話から全然関係ないお金儲けの話になったのはココだけの秘密d(゚ε゚;)

[ 目次へ戻る ]

WordCamp Osaka 2012の実行委員としての振り返り

WordPressコミュニティに関わりだしたのはWordCamp KOBE 2011に参加してからなのですが、まさか1年後自分が実行委員をしたり登壇したりしているとは思いもよらなかったです。

自分のプラスになった点

僕は実行委員のデザインチームのサイト構築係として参加していたのですが、人が多く絡むのはもちろん経験や考え方も違う人達が集まるので、まあ大変でした。
もっともこれは、デザインチームに限らずでしょうが…。

この楽しさとしんどさは、まるで舞台の稽古をして公演を打つような感覚に似ています。
結果として、自分にとって良い経験ができたのではないかと思います。

反省すべき点

もちろんよかったことだけではなく、特にGPLライセンス関連で幾つか問題となったことに関しては、実行委員会である僕らの認識不足が顕著に感じられる部分だったと思います。
この問題は重く受け止め反省すべきですが、これで終わりではなく、この問題が起こったことで「オープンソースに関わるということはどういうことなのか」というのを改めて考える機会と考え、もっとWordPressを含めたオープンソースソフトウェアに歩み寄っていければと思います。

最後に

10月に入ってからWordCamp 0saka 2012の準備が本格的に忙しくなり、死ぬ思いで作業をしていた記憶があります。
WordCamp 0saka 2012だけならいいのですが、僕は現時点で会社勤めですし、10月中旬で結婚式を挙げたため、体感で3倍は忙しかったようにも思えます。

しかし、この経験は必ずどこかで役に立つはずです。
これから何かを企画するとき、参加するときにはこの経験を踏まえてコミュニティに何かの形で還元できればと思います。

参加者、スポンサーを含め、WordCamp Osaka 2012に関わっていただいた実行員や当日スタッフ、スピーカーの方々、誰一人欠けてもこのイベントは成立しませんでした。
皆様に感謝をしつつ、この記事を締めたいと想います。

本当にありがとうございました。

[ 目次へ戻る ]

TO PAGE TOP